APIレート制限

すべてのお客様が公平にお取引できるように、FTX Japanではレート制限を導入しています。

 

レート制限について

レート制限は発注にのみ適用されます。

注文のキャンセルおよび各種データの取得など他のAPIコールはレート制限に影響しません。

 

レート制限はユーザー毎に制限値が設定されており、ユーザーとしての最大発注上限、および取引マーケット別に最大発注上限があります(注文キャンセルや市場のデータ取得は含みません)。

※ユーザーとは、すべてのサブアカウントを含む単一ユーザーのことを指します。

最大発注上限は、サブアカウントを含むユーザー所有のアカウントすべてに包括的に適用されますが、それ以外にマーケット毎に個別の制限が割り当てられます。

 

ユーザー別発注上限値(毎秒)

レベル 最大レート制限値 BTC-PERP
及び
ETH-PERP
その他マーケット

VIP 3

マーケットメイカー(MM) 3

480 120 60

VIP 2

マーケットメイカー(MM) 2

300 74 36

VIP 1

マーケットメイカー(MM) 1

120 29 14
6 60 14 7
1 ~ 5 12 7 7

メインアカウント/サブアカウントのいずれかで50ミリ秒以内に複数の注文を送信した場合は遅延が発生する可能性があります。

理論的には、50ミリ秒の等間隔で発注されていれば遅延は発生せず、アカウントごとに毎秒約20件の注文を出すことが可能です。

 

また、アカウント毎に発注後のリスク計算待ち状態に置かれる注文の数には上限*1があります。

*1 この制限は、リスク計算速度を超える頻度で発注された場合に適用されます。

 

マーケットの状況にもよりますが、通常は1秒間に約140件*2の発注が可能です。

*2 この制限はアカウント毎に、かつ発注に対してのみ適用され、注文のキャンセルには適用されません。異なるAPIキー、もしくは異なるIPアドレスからの発注であっても同一アカウントとして上限が適用されます。

 

FTX Japanの取り組み

市場のボラティリティが上がると多くの注文が入るため、以下の理由により注文の処理に通常と比較して時間を要します。

  • 多くの発注が入ることで全体的に遅延が発生する
  • 遅延により最終的にはキャンセルとなる可能性のある注文が大量に発注されることで負荷がかかり、さらなる遅延を引き起こす

各ユーザーが制限範囲上限で発注を行った場合、注文の数はマッチングエンジンの処理速度を超えて積みあがります。

その結果、一部の注文(重要度の低い注文を含む)が優先的に処理され、 他の注文(重要な注文を含む)が処理されるまでに時間がかかってしまうこととなります。

 

 

FTX Japanはソフトリミットとハードリミットの2種類のレート制限値を導入しています。

ハードリミットは常時適用されますが、ソフトリミットは、サーバーに遅延が生じる可能性が高くなった時のみ発動されます。

これにより注文の需要が高まっているときはソフトリミットを発動することで、重要度の低い注文の数量を抑えつつ最も重要な注文を優先処理し、市場がより落ち着いている時は自由に発注を行えるようにしています。

 

各制限値は下記をご参照ください。


ユーザー別発注上限値(毎秒)

レベル 最大レート制限値

BTC-PERP

及び
ETH-PERP

その他マーケット
VIP 3 / MM 3 480 120 60
VIP 2 / MM 2 300 74 36
VIP 1 / MM 1 120 29 14
6 60 14 7
1 ~ 5 12 7 7

 

ユーザー別ハードリミット(毎200ミリ秒)

*下表の単位は、発注件数/200ミリ秒です

レベル 最大レート制限値

BTC-PERP

及び
ETH-PERP

その他マーケット
VIP 3/MM 3 96 29 14
VIP 2/MM 2 60 17 7
VIP 1/MM 1 24 7 7
6 14 7 7
1 ~ 5 7 7 7

 

ユーザー別ソフトリミット(毎200ミリ秒)

*下表の単位は、発注件数/200ミリ秒です

レベル 最大レート制限値

BTC-PERP

及び
ETH-PERP

その他マーケット
VIP 3/MM 3 43 14 7
VIP 2/MM 2 26 7 7
VIP1/MM 1 12 2 2
6 7 2 2
1 ~ 5 2 2 2

注:VIP3レベルの2倍以上の取引ボリューム実績があるユーザーにおいては、レート制限はVIP3レベルの1.5倍の数値に、VIP3レベルの4倍以上の取引ボリューム実績があるユーザーにおいては、レート制限はVIP3レベルの3倍の数値まで引き上げることが出来ます。条件を満たしており、上限のアップグレードをご希望の場合は弊社までお問合せください。

VIPユーザーは、下記VIPレート制限の詳細もご参照ください。

 

ご注意点:

  • 出金依頼については別途アカウント毎に30秒間に10回という制限も適用されます。
  • 約定率が大幅に低いと判断された場合は、追加のレ ート制限が適用される場合があります。
  • FTX Japanは必要に応じて適正なレート制限値および他の条件を変更する場合があります。

 

VIPレート制限の詳細:

小口注文(以下に定義)については、レベル6の制限が適用されます(上記参照)。

 

小口注文とは、最大注文数量が1万米ドル以上のマーケットで、かつ注文数量がlargeOrderThreshold(右記エンドポイントの回答参照 https://ftx.com/api/markets)未満(通常は5,000USD未満)の注文のことを指します。

大口注文は、VIPレート制限を最大限まで利用することができます。

 

よくある質問

Q : 200ミリ秒はどの時点を起点としていますか?

A : 最初の注文を起点として200ミリ秒後にリセットされます。

 

Q : レベル6ユーザーにおいて、ソフトリミットが発動されたタイミングでBTC-PERPの発注を試みた際に、6つ以上発注はしていないにも関わらず、なぜ「Too many orders」エラーが表示されるのでしょうか?

A : 200ミリ秒間に6件以上の注文を送信していなくても、200ミリ秒間にBTC-PERPで2件以上の注文を送信していた場合は、「too many orders」エラーが表示されます。

前へ
次へ
4606106097689
お探しのものを見つけられませんでしたか?
Create a support ticket
コミュニティ

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk